【2020年最新版】誰でも使える!最強ワンナイトテクニック集

恋愛

脳と心を操る皮膚感覚

私達の感情は
熱い、冷たいと言った皮膚で感じる温度感覚に強く左右される
ということが最近恋愛の科学でわかってきました。

 

この法則を利用すると恋愛の勝者になれることができます。

 

恋愛が盛り上がっていると『あの二人アツアツだね』と表現しますね。
また、『心が温かいから好きになったの…』などとも言います。

 

アメリカの大学の研究によると、
温かいコーヒーカップと冷たいコーヒーカップでは
目の前にいる人の影響が脳では判断に違う影響が出ると言います。

 

温かいコーヒーカップを持っていると目の前の人を心が温かいと判断するのです。

逆に冷たいコーヒーカップ持つと相手を脳が冷たい人と判断するのです。

 

つまり私達は皮膚の感覚と対人関係が連動して脳が判断するわけです。
本来皮膚で感じる冷たい、温かいという感覚と
人の心が冷たい温かいという感情は全く別の現象です。

 

しかし実験で得られたデータを分析したところ、
脳の中では共通の領域を使って認識していることがわかったのです。

 

ですから皮膚の感覚も人の心も
どちらも冷たい温かいという言葉を使うのは単なる偶然ではないのです。

 

実際、真夏にビーチに行くと恋愛感情が盛り上がることを
経験している人は多いのではないでしょうか。

 

だから夏の間にはできるだけ野外に出るのが好ましいわけです。
暑さのなか、空調の冷気の中にいれば、脳内は冷静になるわけです。

 

辛いものを食べると恋愛感情が盛り上がる

英語では辛いも、熱いも『hot』と使います。
アメリカの実験では辛いものを食べているとき脳の中では、
恋愛のスリリングな感覚と似たような反応が起こっているからだと言われています。

 

辛いものを口にするのは辛さを抑えるために
脳内でオピオイドと言う成分が分泌されるためだと言われていますが、
オピオイドは麻薬によく似た成分だと言われているのです。
この成分は幼児期には分泌されないと言われています。

 

 

男性、女性共にスポーツ観戦でテストステロンが増加する

スポーツ観戦で熱狂すると男女共にエッチがしたくなると言われています。

 

男性はサッカーなどの試合を見ていると
テストステロンという男性ホルモンが大幅に増加します。

 

しかし女性の場合もテストステロンが出て興奮することがわかったのです。
女性はこのテストステロンの影響からエッチがしたくなるのです。

 

いかがですか?
今回は恋愛心理学から見たワンナイトテクニックについてお話させていただきました!

 

「ワンナイト直前まではいけるのにいつもうまくいかない」

 

「どういう風に雰囲気を作っていいかわからなかった」

などのお悩みの方には特に参考になったのではないでしょうか!!

 

これからも恋愛に使える情報をアップしていきますので
楽しみに待っていてくださいね(^^♪

タイトルとURLをコピーしました