どうやったら女性をワンナイトに持ち込める?脳科学の観点からテクニックを解説!!

恋愛

女性のワンナイト事情ってどうなの?

今回 は恋愛心理学から考えられる女性のワンナイト事情について検証してみたいと思います。

1.女性の脳のからくり

実は女性の身体と心と脳にはこんなことがわかっているんです。

エストロゲンという女性ホルモンが脳に作用すると
男性に支配されて守られたいという本能的な衝動が生まれるのです。

 

女性の場合も頭で考えれば他人に支配されるのは気分のいいものではありません。
しかし、食料の乏しかった原始時代は、男性に支配されて
食料を分け与えてもらうのが生き残るのに確実な方法でした。
そこでそのための本能が発達し現代の女性の脳にもDNAが残っていると言われています。

 

2.実は女性の脳には男性の低い声に脳が反応する仕組みになっている

女性の脳は低い声の男性を求める傾向がわかっています。

 

声が低い男性は思春期の声変わりの時期に男性ホルモンが豊富に分泌されるので、
大人になったあとも精子の数が多いと実証があるからなのです。

 

女性は本能的に男性の低い声でエッチをしなければと、本能が判断するわけなんです。
そのためエッチに持ち込みたい女性には低い声を心がけた方が有利なんです。

3.行儀の悪い態度がモテる

行儀が悪いことへは少し抵抗がある方もいらっしゃると思いますが
科学的な研究論文からの要素があるのです。

 

アメリカのコロンビア大学のグループの発表によると、
テストステロンという男性ホルモンは行儀が悪いと増え
脳の働きに影響を与えることがわかったのです。

 

テストステロンが増えると身体から男性らしい身体つきになるのと同時に
脳内で失敗を恐れず困難なことにもチャレンジする勇気が生まれると言われています。

 

好きな女性に声をかけたいけれど、嫌がられたらどうしようかなどと
尻込みした経験はないでしょうか。

 

しかしテストステロンが増えればそんな悩みは吹き飛ぶわけです。
それが行儀が悪いポーズを取るだけで可能になるわけです。

 

それを恋愛に応用しない手はありません。
テストステロンの増加により脳の情報処理が活発になるため
頭の回転が早くなり女性の気を引く言葉も淀みなく出て来るわけです。

 

行儀の悪い姿勢は告白する段階からフィニッシュに至るまで
女性との交際をサポートしてくれると言うのです。

4.女性は自分のことを話しているとき脳ではエッチの時と同じことが起こっている

女性の場合、最も大切なのは相手の話に耳を傾けてあげることです。
じっくり話を聞いてあげれば特に言葉は必要ありません。

 

男性と女性の場合脳機能の違いで男性が神経回路の発達、
女性の場合は脳の左右の方向の刺激が発達していると言われています。
彼女の心に共感するのが一番の近道なのです。

 

いかがでしたでしょうか!
今回は女性の脳の作りの観点から
どうすればワンナイトが上手くいくか、
いくつかテクニックをご紹介しました!!

 

今までワンナイトが上手くいっていた人も、
上手くいっていなかった人も
この簡単にできるテクニックをぜひ使って見てください!!

タイトルとURLをコピーしました